話題の肉割れを消す炭酸ガス治療(メソ)の料金や効果は?

美容外科だけでなく、皮膚疾患の治療において注目されているのが炭酸ガスによる治療です。

 

炭酸ガス治療に用いるのは、炭酸ガスを発振物質としたレーザー機器による治療法と、炭酸ガスを患部に直接注入する治療法とがあります。

 

そのため、「炭酸ガスレーザー」というメニューと、「炭酸ガス注入」というメニューでは治療内容が異なることがあるので注意してください。

 

炭酸ガスレーザーでは、炭酸ガスを媒質にして高出力のパルス波を放出し、水分の多い組織を蒸散させて消してしまいます。
一般的にレーザー機器では、ガスや固体、液体を媒体にして光を増幅することで人工的に光を作り出します。

 

炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを媒体にしていることで、他のガスを媒体にしたレーザーに比べて高いエネルギーが得られるため、一度の施術で高い効果を得ることができ、レーザー照射の回数が少なくて済むというメリットがあります。

 

水分を多く含んだ組織だけを加熱することができるので、周辺組織への影響が他のレーザーに比べて少ないという特徴もあります。

 

炭酸ガス治療のレーザー波長は10600nmで、この波長は水に吸収されやすいという性質を持っているので、吸収されるときの熱量で組織を蒸散させることが可能になっています。これまでは、いぼやホクロなど盛り上がっている部分の除去に積極的に用いられています。

 

炭酸ガス治療では、炭酸ガスを皮下内に直接注入していきます。
元々はフランスで妊娠線解消のための治療法として開発された手法で、海外では10年以上の治療実績があります。

 

注射針で皮下組織に治療用の炭酸ガスを注入します。
真皮に均一に広がった炭酸ガスを除去するために大量の酵素を持っている赤血球が集まってきます。

 

これによって注入したところの代謝が一気に上がります。同時に、ガス圧で真皮層が持ち上がりますので、その隙間を埋めるためにコラーゲンが増殖し、皮膚の再生を促すことができるのです。

 

血流の改善とコラーゲンの増殖を人為的に行うことで、肉割れなどの傷跡をほとんど目立たない状態まで消してしまうことができるというメカニズムです。

 

どこで炭酸ガス治療を受けられる?

「炭酸ガス治療」や「炭酸メソ」と検索すると、施術を受けることができるクリニックを見つけることができます。

 

まだ日本に上陸してから時間が経っていない治療法ですから、どこの美容外科でも取り扱う項目ではありません。
クリニックによって価格設定もまちまちですから、直接問い合わせたりインターネットで情報を集めたりしながら、実績のあるクリニックを探すことが成功の秘訣です。

 

人によっては注射のあとに痛みが出る人もいますので、施術後のケアがしっかりしている病院を選ぶようにしましょう。

 

↓↓炭酸ガス治療なら、実績のある恵比寿美容クリニックがおすすめです↓↓

 

気になる費用とその効果は?

炭酸メソは通常、1週間から2週間おきに4回から5回ほど炭酸ガスを注入していきます。

 

価格設定はクリニックによって大きく異なり、1回あたり1万円程度のクリニックもあれば、1回5万円というクリニックもあります。

 

保険のきかない自由診療ですから、費用はクリニック側が自由に設定できます。

 

他の注入治療に比べて費用が安くなっていることも多いのですが、一度で即効性がある治療法ではありませんので、急いで肉割れを消すのは難しいと考えましょう。

 

そして、ホクロの除去のように傷跡を蒸散させるのではなく、肌が本来持っている機能を活かして肌の再生を促す治療法ですから、人によって効果に差が出ることもあります。

 

また、治療したい部位が広範囲にわたる場合、1回あたりの施術料金が高くなる可能性もあります。

 

炭酸ガスの効果は肉割れ解消だけではない

炭酸ガスが肌の再生を促すという観点から、最近ではアンチエイジングの美容治療に用いられることも増えてきました。

 

大きな手術をしなくても、肌の再生を促してコラーゲンを増やしていくことで、小じわやたるみを解消できます。

 

肉割れの場合には、傷跡が目立たなくなればその後、傷跡が再び出てくることはありません。

 

しかし、小じわやたるみなどアンチエイジングの治療の場合は、一度治療をしたから永遠に効果が続くということではありません。

 

年齢と共に増える小じわやたるみに対しては、定期的にケアしていく必要があります。

 

それでも、ヒアルロン酸の注入に比べて効果は持続するといわれていますので、気になる方はぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。