赤ちゃん用のベビーオイルは肉割れにも使える?

ベビーオイルという名は誰もが知っている定番商品ですが、ベビーオイルってどんなもの?と聞かれて正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。ベビーオイルは、その名の通り、「赤ちゃんでも使える低刺激性のスキンケア用オイル」のことです。

 

有名なのはジョンソン社のベビーオイルです。

 

 

ジョンソン社のベビーオイルを例に挙げると、主成分は、「ミネラルオイル・酢酸トコフェロール」の2つだけです。

 

酢酸トコフェロールは製品の安定に使われていて微量に配合されているものですから、主成分=ミネラルオイルといってよいでしょう。

 

ミネラルオイルとは、日本語に訳すと「鉱物油」のことです。
鉱物油と聞くと、原料が石油であることから体に悪く肌にも良い影響を与えないというイメージがありますが、オイルの中でも他の成分と反応しない非常に安全性の高いオイルなのです。

 

ワセリンやスクワランなども鉱物油の一種ですが、その中でもベビーオイルに使われる鉱物油は非常に安定性が高く、赤ちゃんの敏感で繊細な肌にもそのまま使えるほど安全性が高いオイルとなっています。

 

ベビーオイルの保湿力と使い方アレンジ

ベビーオイル自体に肌の保湿力を高める成分は入っていません。
ベビーオイルは肌内部の水分が蒸発するのを防ぐための「フタ」の役割をします。

 

そのため、ひどい乾燥肌の人は、先に化粧水や保湿クリームなどでしっかり保湿をして細胞を潤いで満たしてからベビーオイルでフタをするのが正解です。

 

最近ではベビーオイルの使い方にも色々アレンジがあって、ヘアケアやメイクに使う人が増えてきているそうです。
流行のウェットヘアも、タオルドライした後の髪にオイルを馴染ませることで簡単に叶えることができます。

 

粉のアイシャドウに少量混ぜて使うと密着力が上がり、肌にしっかりと色がつくのでメイクの質を上げることができます。

 

バラバラにくだけたパウダーファンデーションを固めるのにも使えます。
メイクやヘアケアにアレンジ次第で色々使いまわしがきくベビーオイルは、一本常備しておくだけでとても活躍するアイテムになってくれます。

 

ベビーオイルは肉割れ対策になる?

では、肉割れ対策には使えるのでしょうか。肉割れは肌の伸びに肌内部が付いていけず、裂けてしまう症状です。

 

日ごろから肌の保湿に気を付けて、肌が急激に伸びても裂けないように準備をしておくことで十分に防ぐことができるといわれています。

 

ベビーオイル単体では保湿力にかけますので、ボディクリームやローションなどで保湿してからベビーオイルで保湿成分を閉じ込めることで、肌内部の弾力をアップして肉割れを最小限に抑えることが可能です。

 

ただし、出来てしまった肉割れはベビーオイルでは治すことができません。
真皮にまで達した傷は保湿程度では回復しないのです。

 

大切なのは「予防」することですから、乾燥を感じにくい夏場でもしっかりと保湿対策をすることをオススメします。